大阪市で不動産の任意売却を専門に扱う㈱エイミックスです。住宅ローンの返済が出来ない、既に支払っていない、競売開始決定の通知がきた等今後の対応が解らない!!そんな方達とのやり取りやそれにまつわる任意売却のお話をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

任意売却SOSの貝阿彌です。

任意売却のタイミングですが、別に決まっているわけでは有りません。

最終の取引日は競売の2日前までにというのが解除してもらえる最大の日です!

スタートするタイミングは様々です。


一番多い相談の時期は滞納を始めて3ヶ月を過ぎた頃に借入先の金融機関から

支払督促を受けてどう対処されますか?と言われてだんだん切羽詰った頃に

HP等で調べられて相談されています。


一番所有者が上手く任意売却を使い自宅を売却するタイミングはどの時期?

と聞かれたら私なら滞納になりそう若しくは次の支払が出来ないと言った事故になる前に

任意売却を決意するのが次のステップに進むにしろ有利に進めれるのではないかと思います!?


何故か、俗に言う計画倒産みたいな物で準備万端進める事が出来れば傷は浅く済むし

準備期間が長いので気持ちが楽だと皆さん仰られます。


ただ中々気持ちが任意売却の方向に吹っ切れるものではなく計画倒産みたいには行かないのが
事実で、競売開始決定の通知書を債権者から送付されてから任意売却に動く方が多いのです。


競売開始決定の通知書がきても最大で落札される2日前までは取引も可能なので

遅くはありませんが、金融機関が任意売却に消極的になるのも多いのです。


従って、日にちがたくさんあれば一概には言えませんが、手元に残せるお金も

多くなるので任意売却専門の当社へご相談下さい!


実績一覧を見ていただければ他の任意売却業者様との比較が出来ると思います!

ご依頼される際はHP良し悪しでなく必ず実績を確認してください!


任意売却大阪 任意売却京都 任意売却兵庫 任意売却奈良 任意売却近畿

エイミックスへ是非ご相談下さい! フリーダイヤル0120-889-281まで


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

任意売却SOSの貝阿彌です!

本日は福岡に出張です。


内容は売主様の本人確認の為です。

不動産売買は本人確認と言うのが大事な作業であり

勝手に本人に成りすまして売却をされたら困るので遠方であっても確認作業を

しなくてはならないのです。


本日お会いさせて頂く売主様は大分県に現在お住まいで売却に出す前に本人確認

物件の場所でお願いしましたが仕事が都合付かず急遽、私が出向く事になりました。

確認作業は、まず免許証などの身分証明書をコピーさせて頂きまして、


不動産の権利書の確認、これは、お客様が紛失されているケースが多いので確認しておかなければ

最終取引の時に慌てなければいけないので原本確認をします。

それと鍵の受領です。

空室の場合は鍵を預からせて頂き案内の対応をさせていただくようになります。


任意売却についての一連の流れを説明させて頂き専任媒介契約書にサインをいただいたり

任意売却申出書にサインと押印していただいたりと行っていきます。


遠方の方でも任意売却をお考えの方、是非ご相談下さい。

任意売却大阪 任意売却SOS 相談フリーダイヤル0120-889-281まで

任意売却SOSのページ http://www.ninbai.ne.jp/


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

任意売却SOSの貝阿彌です。


競売について私なりに考えてみた・・・


任意売却を選択せずになぜ競売を選んだのか?
はたまた、選んだのではなく任意売却という行為を知らずに競売に成ってしまったのか?


なぜこのようなことを書くのかというと、大阪地方裁判所の競売の件数の多さを見ていると
所有者であり債務者である人達は恐らく住宅ローンが滞り始めると


借入れ金融機関から返済の督促を受け期限の利益の喪失をされるまでに
返す事が出来ないなら任意売却という方法がありますよ!と書面や口頭で告げられていると


思うのですがそれをどのようなものか調べずに、ズルズルと日にちが経ち
競売の開始決定通知が送付されてきて淡々と処理されていっているのではないのかな
と思うのです。


競売を選択して債務者から見てのメリットは何か?


落札されるまで時間が長いのでその間、住み続けられる。
案内の立会いや契約行為など、煩わしい事をしなくて良い。


それぐらいしか思いつかないのです。


破産申立の前に不動産を売却すると言うのは今やセオリーとなっており
弁護士様でも債権者に働きかけて任意売却を勧める方が多くなっています。


競売を選択せずに一度本当に任意売却の話を任意売却事例を豊富に持った
専門の不動産業者である弊社に話だけでも聞いてみてください。


任意売却大阪 任意売却SOS 無料相談フリーダイヤル0120-889-281
お気軽に相談下さい・・・!


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

任意売却SOSの貝阿彌です。


任意売却をする上で厄介なのは税金等の差押です。
差押役所関係が「不動産を勝手に処分させないぞ!」という伝家の宝刀であり


任意売却をする上ではハンコ代解除して頂かなくては完全なる所有権の移転が
出来ないので我々仲介業者は本人と共に解除交渉に出向きます。


差押任意売却でなく競売になったら1円も入ってこないので役所としても少しでも
配分してもらえる任意売却を選ぶのですが、


ここの所、強気に出てくる地方税の担当者には恐れ入る次第です。


つい3~4年前までは案外と差押をしてくるスピードも遅かったけれども
ここ2年前ぐらいからは税収不足もあり滞納を少しでもすると、いとも簡単に差押登記を


やってくるなぁーと感じます。
税金だけは破産しても消えない債務なので本当に気をつけていただかなくては・・・!


借金で覚えておいて欲しいのは、やいやいうるさく取り立ててくるのは取りっぱぐれが
早い所がうるさく、債務が消滅しない国などの公的はうるさくは言いませんね!


返す順序はうるさく言わない所から返さないと本当はだめなんですよ!

任意売却大阪 任意売却SOS 相談フリーダイヤル0120-889-281まで
お気軽に相談下さい!


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

任意売却SOSの貝阿彌です!


長年、任意売却をしている中で債務者がよく相談されるのは
何とか、「自宅を買い戻す事が出来ないだろうか?!」とおっしゃいます。


何故か、
一つは当然住み慣れた自宅マイホームを今まで高い支払で死守してきたわけですから
何とか移転せずにこのまま居たい!と言われる方と、


査定をして、実勢価格を知った時そんな価格で買えるのであるなら誰か
身内か知人に買わせたいと言われるケースがあります。


買戻しの場合は債務者の心理としては「出来るだけ安く買わせて上げて欲しい!」
と思うわけでそれに向けたお手伝いもさせていただきますが、


やはりそこは債権者もあるわけでとんでもなく安くは出来ません!
しっかりと、時間を抱えて交渉して行きます!


他人に売買する場合は残債務が少しでも減れば喜んでもらえるので
高く売却したいと思うのが心理ですね!


様々な事例を任意売却で持っていますのでなんなりとお気軽にご相談下さい!
取引事例が豊富な弊社へ是非相談下さい!

任意売却大阪任意売却SOS 相談フリーダイヤル0120-889-281まで


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

任意売却SOSの貝阿彌です。

任意売却で質問される内容で多いのは「自宅はいつに明渡さなければいけないの?」
とよく聞かれます。


これは、人によって少し状況が違うのですが、基本的に売却が出来るまでは
物件に済んで頂いていて結構です。


売却に出したからと言って空家にする必要が無いのです。
不動産取引の決済の1週間前くらいまでは住んでいていただいてOKです!


売れるまでの間住宅ローンの支払を止めていられるので、次の生活のために
その支払分をためて頂きたいのです。


人によって状況が違うと先程書いたのは、例外的に、破産を前提にした場合です。


破産管財人が選任されての任意売却の場合は、売主が所有者から破産財団の
不動産になり、破産管財人が法律行為で売主となるため早急に家を出て行くように促されます!


また、破産申立をして生活保護を受けられる場合等も先に引越をされると言うケースが
おおいです!


任意売却をするタイミングや置かれている状況でアドバイスが変わりますので
自分自身でジャッジせずに私共、任意売却専門業者にお尋ね下さい!


売却についての業務は弁護士でも司法書士でもありません!我々が債権者と話し合いをし
負担のかからない交渉をして再出発のお手伝いをさせていただきます!

任意売却 大阪 任意売却SOS 相談フリーダイヤル 0120-889-281
お気軽に連絡下さい!


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

自宅として購入し、長期の住宅ローンを組まれ長らく返済を順調にしていて
この何年間かの不景気でローンの支払が出来なくなり、銀行に行かれて

住宅ローンの支払いの条件変更をされている方がたくさんいるとおもいます。
条件変更する事を俗に、リスケジュール(リスケ)と言います。

モラトリアムのお陰でここ2年間は銀行もすんなりとリスケジュールに応じて頂いていますが
延長も後1年間と言う事になっています。

1年後に景気がよくなって債務者も給料などが改善され手取りが増えればいいのですが
さて如何でしょうか???

そもそも、リスケジュールをすると言う事は、我々のところに相談にこられる人に聞いてみると
「自宅を何とか守れないだろうか?」と言う相談が多いのです。

期間をリスケにより延ばしても良い状態に戻れる可能性は低く、それでも何とか
好転すればと言う気持ちでリスケに臨んでいるように聞きます。

何か他にいい方法が無いものなのか?
所有権は変わりますが知人や親族に買戻しをして頂きそこに住むと事が出来れば

何等代わらずに入れるのでそのスポンサーを見つけ購入していただければいいのですが!
自宅を守ると言うのはそういう意味合いでの親子間売買であったり親族間、知人間での

売買だと言う事です。
たくさんの事例がありますので、いたずらにリスケジュールで期間延長するのも1つの方法

ですが、先のことを考えて任意売却に踏み切るのも1つだと思いますので
リスケジュール中の方一度ご相談してみて下さい!

任意売却大阪 任意売却SOS ご相談フリーダイヤル0120-889-281まで


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。