大阪市で不動産の任意売却を専門に扱う㈱エイミックスです。住宅ローンの返済が出来ない、既に支払っていない、競売開始決定の通知がきた等今後の対応が解らない!!そんな方達とのやり取りやそれにまつわる任意売却のお話をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

売主にとって任意売却のメリットは何かと尋ねられた場合、引越代を認めていただけることです!と回答を1番にすると思います。

任意売却の控除項目配分で引越し費用を抵当権者に認めていただくように最初から入れておきます。

基本的に各金融機関ともに、競売よりも任意売却の方が回収が早いために認めてくれる傾向に有りますが・・・

後順位の金融機関が案外いやな返事をする時があります!

今般も配分の割合で後順位の信販系のサービサーがはんこ代の金額と同等の引越し費用は認められないと拒否されました。

しかしながらそう言ってられないので何とか交渉しOKを貰いました。
任意売却を考えられている方は必ず引越し費用は見ていただきましょうね。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

スポンサーサイト
残代金引渡日において、銀行等の金融機関でお取引を行うのですが、意外と時間がかかるものが抵当権者の着金確認です。

まず、取引を始める段階で売主、買主が公的な書類を司法書士に手渡して、そして署名押印し、各担保権者が抹消書類を司法書士に原本確認して貰い、

整った時点で資金実行してもらいます。
この資金実行も案外と時間がかかるのです(金融機関により異なります)!

そして金融機関の担当者が現金や振込を全てしていただいて完了となるわけです。!

しかし、最近では振込用紙を担保権者自身で書き入れたにも拘らず自身の金融機関に資金が振込まれ着金するまで抹消書類を渡していただけないケース

がかなり増えてきました。この待ち時間結構長いんですよね~!
取引時間は大体トータルで最近は1時間30分は係る様になりました。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

任意売却の一連の流れの中で、買主が見つかり各抵当権者及び担保権者さまに売却金額の配分を作成し配分案を提示していきます。

1番抵当権者は売却代金が正当かどうか鑑定を取ったり、また関連不動産業者に相場のヒヤリングをしたりして金額の整合性を確認されます。

2番抵当権者は現在の相場の中では大体が無剰余であり、はんこ代にて抵当権の抹消に応じていただく羽目になります。

当然3番抵当権者以降ははんこ代となりますが・・・

また、抵当権者以外での担保権者というと甲区欄の差押などがあるのですがこれは法定納期限が抵当権とどちらが早いかで配分が変わります。

住宅金融公庫などは最初から各抵当権者などに支払うはんこ代の金額を決めており仕事としては非常に解り易いです。

後順位の仮登記などを設定している金融会社に出していただける金額は微々たるものです。

控除項目としては、通常抹消登記費用、仲介手数料、管理費積立金の滞納分、引越代はたいてい認めていただけます。

最近は均一化されてきているので抹消交渉や配分案も一ひねりも二ひねりもあり厳しいものです。・・・・・!!

ほんとう、色々な意味で世知辛い世の中になってきましたね!


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。