大阪市で不動産の任意売却を専門に扱う㈱エイミックスです。住宅ローンの返済が出来ない、既に支払っていない、競売開始決定の通知がきた等今後の対応が解らない!!そんな方達とのやり取りやそれにまつわる任意売却のお話をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

帝国データバンクによると遂にサービーサーでも倒産(今回は特別清算)する様になってしまったようです。

債権管理回収業を許可されたサービサーでは初の法的整理
東京債権回収株式会社特別清算を申請 負債79億9900万円

 東京債権回収(株)(資本金5億円、千代田区九段北4-2-1、代表上田研一氏、従業員110名)は、7月29日開催の株主総会の決議により30日をもって解散、同日東京地裁へ特別清算を申請した。

当社は、1998年(平成10年)10月に設立され、99年4月に法務大臣許可を最初に取得した1社で特定金銭債権の管理・回収及び同関連業務を開始した独立系のサービサー会社。

2007年2月には銀行系のCMTB総合債権回収(株)の全株式を取得、大阪市、福岡市に営業所を開設するなど営業エリアを拡大、地方金融機関向けの営業を強化、債権の自己買収だけでなく投資家との共同買収も手がけていた。

2007年12月期の年収入高は約45億400万円を計上していたが、同業サービサーとの競合から債権価格が上昇するなど、回収報酬並びに回収収益は横ばいとなっていた。

さらに、リーマン・ショック後の2009年12月期はサービサー業界向けの融資環境が厳格
化、不動産売却を伴う大口案件も縮小、年収入高は約17億6700万円に留まり、
43億2100万円の最終赤字を余儀なくされていた。

こうしたなか、今年1月には法務省から内部統制・法令遵守態勢の構築の不備から債権管理回収業に関する特別措置法第23条の規定に基づき、業務改善命令が出されていた。
このため、2月22日には法務省に業務改善報告書を提出し業務改善に努めていたが、減収傾向に歯止めがかからず採算性も悪化、今回の措置となった。

なお、当社の倒産は、法務大臣の許可を受けた債権管理回収業者としては初の法的整理となった。

負債は2009年12月末時点で約79億9900万円。
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3322.html

債権回収会社も特別清算される時代なんですね!


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

スポンサーサイト
昨日、大阪梅田のハービス大阪にて、事業再生のセミナーがありました。

講座を開かれていたのは有限責任中間法人事業再生協議会(SRC)でした。
私はオブザーバーで参加させていただきました。

まずはじめに、立川先生がお話をされ、本日のセミナーの本題である
信託について司法書士がレジュメを元に解説をされていました。

信託というのはなかなか理解しづらいところが多く、事業再生においてどの様に
活用すればいいのか専門家の先生も検討中ということでした。

その後、立川先生の旅館業についての成り立ちのお話を聞かせて頂いたり
また、ビジネスモデル構築の良い話を聞かせて頂いた後、懇親会へと移りました。

懇親会では皆さん和気あいあいと食事をされ時間があっというまに過ぎました。
やはり、資格を取るのに皆さんかなりの勉強をされている感じでした!



ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。