大阪市で不動産の任意売却を専門に扱う㈱エイミックスです。住宅ローンの返済が出来ない、既に支払っていない、競売開始決定の通知がきた等今後の対応が解らない!!そんな方達とのやり取りやそれにまつわる任意売却のお話をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

任意売却SOSの貝阿彌です。

今年度も国税庁が7月1日公表した2011年分の路線価ですが、大阪府内31の税務署で

最高路線価が上昇した地点はなかったです。


下落幅が大きかったのは、(1)大阪市中央区北浜3(御堂筋)(2)同市中央区難波5

(南海難波駅前)(3)同市浪速区難波中1(国道25号)。


近畿のワースト10を見ると、7地点が府内だった。特に梅田を除く大阪市中心部で下落

が目立っていて、原因で考えられるのは、


▽梅田へのオフィス移転▽ミナミの商業施設の競争激化▽築年数の経過したオフィスビル

の需要低下などとみられる。


任意売却するにおいても路線価というのは1つの指標であり、特に銀行などは融資の際に

路線価を重視するところもある。


任意売却 大阪 任意売却 兵庫 任意売却 神戸 任意売却 京都 任意売却 任意売却 奈良


不動産で困ったなぁと思ったら是非一度相談ください

いい知恵授けられると思います! フリーダイヤル0120-889-281


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

スポンサーサイト
昨日、2011年1月21日(金)19時より大阪リーガロイヤルホテルにて橋本徹大阪府知事の
講演会新年懇親会2011に参加いたしました。

橋本知事懇親会1

私は今回初めて橋本知事の懇親会に参加させていただきました。
同業者で友人でもある方が橋本知事の講演会の会長で今回是非紹介したいと言う事で参加致しました。

講演会は大きなホテルで、受付をして会場内に入ろうとセキュリティチェックがありさながら
飛行場のような体制でした。

会場内に入ると報道陣や新聞社が後方に陣取っておりさすが人気のある知事だなーと思いました。
そして会場内に橋本知事が入場され講演会が始まりました。

講演会長の挨拶の後、橋本知事が話しと出す場内は講演に聞き入っていました。
内容はTVでもよく訴えている話で、まず大阪府を赤字から黒字に脱却させたことで始まり

そして高校授業料の無償化、中学校の給食の話と続きそして一番大きく訴えていたのは
大阪維新の会が選挙に勝ち「大阪都構想」を実現に向けて戦いたいと訴えていた事です。

hashimototijih23121.jpg

知事の話は大きな夢が多いですが聞いているのは非常に面白く何故か明るく元気になります。
講演が終わり懇親会が始まり知事がテーブルを回って挨拶をしていきます。

かなり時間をかけて回られ懇親会は無事終わりました。

知事の前職?は弁護士ですが任意売却について今度は話が出来ればと思っています。
不良債権になっていて大阪府の差押などついている不動産の任意売却について話を聞ければ

嬉しいかなと思いました。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

本日は日曜日で有りますが、時間の調整がつきましたので猫研の勉強会に
急遽、アドバイザーとして参加する事にしました。

ここのところ、毎回猫次郎さんの勉強会には参加させて頂いています!
何故か・・・!?

毎回毎回、新しい相談者の方や、以前からこの勉強会に参加されている方達の
進捗具合が非常に気になり、休んでいるよりも相談を聴いてあげてアドバイスして

困難に立ち向かって欲しいと思う気持ちが強くなり参加させて頂いています。
ここに来た相談者は基本的には自営業者様が多く、中小と言うよりも零細企業、

個人事業主といった方が多いので誰に相談をする事も出来ずに悶々として
悩みを引きづった方がここで様々な人達の借金についてのドラマの様な

話を聞き帰り際には笑顔を見せて帰れられる人が多いので私もここの勉強会だけは
もう、約6年程になりますが参加させて頂いています。

本日もたくさん相談されている方にアドバイスが送れればと思います!

任意売却相談フリーダイヤル0120-889-281まで
お気軽にご相談下さい!


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

昨日ニューヨークタイムズ社の方から連絡を頂きました。

2010/10/17号の紙面のTOP1面に掲載されましたと報告を頂きました!

写真等は今回ありませんでしたが、
下記のように紙面の下のほうですが報道して頂いたいます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Deflation has also affected businesspeople by forcing them to invent new ways to survive in an economy where prices and profits only go down, not up.

Yoshinori Kaiami was a real estate agent in Osaka, where, like the rest of Japan, land prices have been falling for most of the past 19 years. Mr. Kaiami said business was tough. There were few buyers in a market that was virtually guaranteed to produce losses, and few sellers, because most homeowners were saddled with loans that were worth more than their homes.

Some years ago, he came up with an idea to break the gridlock. He created a company that guides homeowners through an elaborate legal subterfuge in which they erase the original loan by declaring personal bankruptcy, but continue to live in their home by "selling" it to a relative, who takes out a smaller loan to pay its greatly reduced price.

"If we only had inflation again, this sort of business would not be necessary," said Mr. Kaiami, referring to the rising prices that are the opposite of deflation. "I feel like I've been waiting for 20 years for inflation to come back."

One of his customers was Masato, the small-business owner, who sold his four-bedroom condo to a relative for about $185,000, 15 years after buying it for a bit more than $500,000. He said he was still deliberating about whether to expunge the $110,000 he still owed his bank by declaring personal bankruptcy.

Economists said one reason deflation became self-perpetuating was that it pushed companies and people like Masato to survive by cutting costs and selling what they already owned, instead of buying new goods or investing.

英訳して読んでくださいね!


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

10月2日(土)に新しい事務所に引越しを致しました!

新住所は、大阪市西区新町1丁目12番10号 プレミアム新町ビル1階 です。
平成22年10月5日付けで本社の移転登記を致しました。

住所は大阪市西区新町1丁目12-10 プレミアム新町ビル1階です。
前事務所から約500m程西に移動しただけですが、環境が凄くいいです!

周りには厚生年金会館が直ぐ西隣にありその向かいには大きな新町北公園があります。
お昼休みには公園のベンチで食事をするサラリーマンや事務員さんが多数おられます!

交通機関は地下鉄御堂筋線で言うと心斎橋駅、四つ橋線で言うと四ツ橋駅か本町駅
中央線で言うとまたまた本町、鶴見緑地線で言うと西大橋駅か心斎橋駅

本当に交通機関については申分の無いフットワークのよさになります。
ご相談していただける相談スペースも充分確保していますので是非お待ちしています。

任意売却相談フリーダイヤル0120-889-281まで!お気軽に!


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

早いもので、弊社も6期目の決算を本日迎えました。

今年度はリーマンショックという大きな事件があり、不動産業については
非常に多難な1年となりました。

弊社も大きな波に飲み込まれそうになりましたが、色々な人のアドバイスや紹介を
経て何とかこの大きな波を、まともに被らずに生き残れたと思っています。

今期の数字は厳しい決算数字になりそうですが6月1日からは新年度と言う事で
気持ちも新たに頑張って生きたいと考えております。

今期は、弊社の主幹業務である任意売却の仲介が1年間、大変忙しく
個人面談や勉強会を通じて任意売却をさせて頂きました件数が月に10件のペースで

あり、不良債権から流動化し処理させて頂きました。
数々の抵当権者の皆様や差押権者の方たちと抹消交渉をさせて頂き

任意売却受託の97%に及ぶ件数で競売にならずに任意売却で処理をさせて頂きました。
申立の弁護士先生や破産管財人の弁護士先生、更には相続財産管理人の弁護士先生まで

多数の事件を処理させて頂きまして有難うございました。
新年度も多数の案件を抱えていますが順調に処理できるように頑張ろうと職員一同

勉強をして任意売却の業務に邁進します。
このブログを読まれた住宅ローンについて困窮している不動産所有者様

安心して任意売却のお手伝いが出来るよう解り易く丁寧に任意売却をさせて頂きますので
お気軽にご相談下さい!

任意売却SOS フリーダイヤル0120-889-281 まで相談下さい。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

久しぶりにブログの更新をします。
別にサボっていたわけではないのですが・・・

ここ最近の不動産市況について書いてみようと思うのですが!
大阪市内の商業地についてはビックリするくらい値下がっています。

というのも、建築費用の高騰が響いており更地を取得して
新築でワンルームを建てようと思えば利回り計算すると土地を

無償で譲り受けるぐらいで無いと計算が合わないというくらい
えらい事になっています・・・!

どこまで建築費用が高騰するのか恐ろしい位です。

それとガソリンや食費に至るまであらゆるものの値上げが家計を圧迫
しており、給料は上がらないのに支払いだけが増えているせいで

新築のマンションや新築戸建てなどは買主がいない状況に成ってきている
ようです。

かろうじて、中古のマンションや一戸建ては価格が落ち着いているので
まだ、契約率はそれほどでもないのですがそれでも、値頃感の

ない不動産は売れ残っています。
任意売却の不動産でも同じことが起こっています。

場所のそれほどよくない不動産は任売といえども売買が中々成立
しません。安くても駄目な状況です。

競売においてもまた同じことです。落札価格が下降傾向にあります。
借金で不動産を手放すことになった場合は任意売却をお勧めします。

早めにご相談いただいたほうが言い結果を生む事になると思います。


ランキング参加中です!ポチッポチッと2ヶ所クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

Blog Entry ランキングへ投票

→任意売却,破産管財,不良債権処理に特化した不動産業者エイミックス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。